「健康と調和」: マクロビオティックの奥深い世界!

一物全体
(いちぶつぜんたい)

身土不二
(しんどふに)

陰陽調和
(いんようちょうわ)

日本人におすすめ!
マクロビとは⁉

1. 心身を整えてくれるマクロビオティックとは

マクロビオティックは、栄養や生活習慣を通じて健康を追求し、心身の調和を重視する食生活や生活哲学です。

言葉自体はギリシャ語の「makros(長寿)」と「bios(生命)」から派生しており、「長寿の生命」や「大いなる命」を指すとされています。

マクロビオティックは食事だけでなく、日常の生活全般においてバランスと調和を追求する考え方を含みます。

マクロビオティック(マクロビ)には基本となる3つの思想があります。

  • 一物全体(いちぶつぜんたい)
  • 身土不二(しんどふに)
  • 陰陽調和(いんようちょうわ)

2. 丸ごと食べよう!一物全体(いちぶつぜんたい)とは

「一物全体」とは、自然のものを丸ごと食べようという考え方です。

食材を丸ごと食べることで、余すことなく栄養が摂れて体のバランスも整うという考え方です。

野菜は根から葉まで、小魚は頭から尾まで
お米なら玄米、小麦粉なら全粒粉という感じです。

ここで注意が必要なのは、食材を丸ごと食べるのであれば、なるべく無農薬・無化学肥料のものが良いということです。

一般的な農薬栽培に比べて、無農薬栽培(オーガニック)の農作物には高い抗酸化作用があるファイトケミカルと呼ばれる成分が数倍から数十倍も多く含まれているというデータもあります。

3. 地産地消!身土不二(しんどふに)とは

「身土不二」とは、現在暮らしている場所で採れたものを食べようという考え方です。

できるだけ住んでいる土地でとれた食べ物を食べることで、その土地の気候や風土に適した体になり、健康に暮らせるという考え方です。

薬膳的な考え方でも、食材には体を温めたり冷やしたりする性質を意味する「五性」という概念があります。

寒い地方や冬場にはからだを温める「熱・温性」の食材を、赤道付近の温かい地方や夏場にはからだを冷やす「寒・涼性」の食材を摂った方が良いというものです。

寒い地方や冬場に採れる食材はからだを温める作用が多く、温かい地方や夏場に採れる食材はからだを冷やす食材が多いのです。

4. 漢方の極意!陰陽調和(いんようちょうわ)とは

陰陽は相反するものの統一を表し、食事や生活習慣において陰性と陽性の要素を調和させることが大切という考え方です。

例えば、陽性の食材(根菜、穀物)と陰性の食材(葉野菜、海藻)をバランスよく摂取することが推奨されます。

陽性の食材は地球の中心に向かって伸びる食材が多く、陰性の食材は太陽に向かって伸びる食材が多いのも特徴です。

また、調理法にも「陰・陽」があり、火をあまり通さず時間をかけない調理法は「陰」、じっくり時間をかけて作り煮込むなどの調理法は「陽」とされています。

マクロビと中庸の思想
心身の調和を追求する生活法

マクロビオティックと中庸の思想は、人々の生活に深い影響を与えてきました。

この記事では、マクロビオティックと中庸の思想が心身の調和を追求する生活法にどのように関連しているかについて探求します。

マクロビオティックと中庸の思想は、陰陽や五行の理論に基づき、自然の摂理に従って食事や生活習慣を整えることを目指す食生活の理論です。

中庸の思想は、極端な考え方を避け、バランスのとれた心と体を育むことを重視します。

この二つの思想が融合することで、心身の調和を追求し、健康で豊かな生活を送るための指針が示されます。

本記事では、マクロビオティックと中庸の思想の共通点や実践方法に焦点を当て、読者が自然と調和した生活を築くためのヒントやアドバイスを提供します。

マクロビとは何か?

マクロビオティック(マクロビ)は、日本を中心に広まった健康法であり、食生活や生活習慣を調整することで心身の健康を促進し、バランスのとれた生活を目指す哲学や理論です。

マクロビオティックは、西洋の近代医学とは異なる視点から健康を捉え、自然の摂理に基づいた生活を提唱します。

主な特徴や考え方には以下のようなものがあります:

  1. 陰陽のバランス:
    マクロビオティックでは、陰と陽のバランスを重視します。
    食材や調理法、生活習慣などを通じて陰陽のバランスを整え、健康を保つことが目指されます。

  2. 五行思想の活用:
    五行思想は、「木、火、土、金、水」の五つの要素からなり、それぞれが人間の体や自然界の現象を表します。
    マクロビオティックでは、五行思想を食事や生活に取り入れてバランスを整えることが重要視されます。

  3. 自然食材の重視:
    マクロビオティックでは、加工食品や化学添加物を避け、自然の恵みである穀物、野菜、海藻などの食材を中心に摂取することが推奨されます。

  4. 季節と地域の考慮:
    季節や地域の気候や食材の特性に応じて食事や生活を調整することもマクロビオティックの特徴です。

  5. 精神的な側面の重視:
    マクロビオティックは、食事や生活習慣だけでなく、精神的な健康や心の安定も重視します。
    食事や瞑想、運動などを通じて心身の調和を図ることが目指されます。

マクロビオティックは、個々の体質や環境に合わせて自己実践されることが一般的であり、一つの厳密なルールに縛られるものではありません。

そのため、人々が自然と調和した生活を送るためのヒントや指針として広く受け入れられています。

陰陽の考え方と食事への影響

陰陽の考え方は、東アジアの古代哲学や医学に根ざした概念であり、万物が二つの対立する原理である「陰」と「陽」から成り立っているという理論です。

この考え方は自然界や人間の身体にも適用され、食事においても重要な役割を果たします。

  1. 陰と陽のバランス:
    陰と陽は相互補完的な関係にあり、健康を保つためにはこのバランスが重要です。
    食事でも陰性の食材(冷たい、湿気を持つなど)と陽性の食材(温かい、乾燥しているなど)を組み合わせ、調和を図ることが求められます。

  2. 季節や地域の影響:
    季節や地域の気候条件によって陰陽のバランスは変化します。
    例えば、夏は暑くて陽性の季節とされ、冷たい食材や水分を多く摂ることで体を冷やし、バランスを保つことが重要とされます。

  3. 陰陽の食材:
    食材も陰陽の性質を持ち、バランスの取れた食事を構成する際に考慮されます。
    例えば、陽性の食材としては穀物や根菜類、肉類があり、陰性の食材としては野菜や果物、魚介類が挙げられます。

  4. 健康への影響:
    陰陽のバランスが崩れると身体や心の不調が生じると考えられています。
    食事においても、過度な陰性や陽性の食材の摂取が健康に悪影響を与える可能性があります。
    そのため、バランスを保つことが健康維持の鍵とされます。

陰陽の考え方は、食事だけでなく生活全般に影響を与える概念であり、バランスの取れた生活を送るための指針として古代から現代に至るまで重視されています。

五行思想と食事の関連性

五行思想は、中国の古代哲学であり、自然界の五つの基本要素である「木、火、土、金、水」を通じて世界の現象や事象を説明し、相互作用や変化を理解するための理論です。

五行思想は、食事や健康においても重要な役割を果たし、以下のような関連性があります。

  1. 五行の相互関係:
    五行思想では、木は火を生み、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生みます。
    これらの相互作用を理解することで、食事のバランスをとる指針となります。

  2. 食材の五行属性:
    食材にも五行の属性があり、それぞれの食材が特定の要素に関連付けられます。
    例えば、木の属性を持つ食材は新鮮な野菜や果物であり、火の属性を持つ食材はスパイスや焼いた食品などです。

  3. 季節と五行:
    季節ごとに五行の要素が強調される傾向があり、その季節に適した食材や調理法を選ぶことが重要です。
    例えば、夏は火の季節とされ、火の属性を持つ食材を適度に摂取することが推奨されます。

  4. 体の調和と五行:
    五行のバランスが体の調和にも影響を与えます。
    食事によって五行のバランスを整えることで、身体の不調を改善し、健康を維持することが期待されます。

  5. 食材の組み合わせ:
    五行思想に基づいて、食材の組み合わせを調整することで、バランスの取れた食事を実現します。
    例えば、火の属性を持つ食材と水の属性を持つ食材をバランスよく組み合わせることで、健康を促進する効果が期待されます。

五行思想は、食事だけでなく生活全般に影響を与える概念であり、バランスの取れた生活を送るための重要な指針として古代から現代に至るまで重視されています。

中庸とは何か?

中庸(ちゅうよう)は、中国の古代哲学である儒教の基本的な理念の一つであり、文字通り「中間の道」や「適度」と訳されます。

中庸は、孔子の孫である子思(しし)が記録した『中庸』という書籍によって、その理念が具体化されました。

中庸の考え方には以下のような特徴があります:

  1. 極端を避ける:
    中庸は、極端な考えや行動を避け、過度な偏りや極端な行動に陥らないようにすることを重視します。
    例えば、過度な欲望や情熱、怒りなどの感情を抑え、穏やかでバランスのとれた心を持つことが求められます。

  2. バランスと調和:
    中庸は、バランスと調和を重視します。
    人間の行動や生活のあらゆる側面において、極端な対立や対立を避け、中庸の道を行くことで、自然と調和し、心身の安定を図ることができるとされます。

  3. 個々の適切な行動:
    中庸は、状況や環境に応じて適切な行動を取ることも重視します。
    一般的な規則や原則に従うことも大切ですが、具体的な状況や個々の事情を考慮して、適切な行動を選択することが求められます。

  4. 徳の修養と人格形成:
    中庸は、徳の修養や人格形成にも関連しています。
    中庸の道を行くことで、品行方正で誠実な人格を形成し、他者との調和を図ることが重要視されます。

中庸の思想は、儒教の基本的な価値観として受け継がれ、中国の伝統的な倫理観や社会秩序の根底に影響を与えてきました。

また、中庸の考え方は、多くの文化や宗教においても共通する普遍的な価値観として認識されています。

心身の調和を求める中庸の考え方

心身の調和を求める中庸の考え方は、儒教の基本的な理念の一つであり、人間の心と身体のバランスを重視する思想です。

この考え方は、心と身体の健康を保ち、精神的な豊かさと身体的な健康を同時に追求することを目指します。

  1. 心と身体の統一:
    中庸の考え方では、心と身体は一体であり、そのバランスが人間の健康と幸福に重要な役割を果たします。
    心の乱れやストレスが身体の不調を引き起こすこともあれば、身体的な疾患が心理的な問題を引き起こすこともあります。
    そのため、心と身体の調和を図ることが重要です。

  2. 感情の調節と心の安定:
    中庸の考え方では、極端な感情や情緒を抑え、心の安定を保つことが重視されます。
    怒りや悲しみなどの感情が過度に高まることを避け、穏やかで落ち着いた心を持つことが、心身の調和を促進します。

  3. 適度な行動と身体の健康:
    中庸の思想は、過度な飲食や運動、睡眠不足などの不摂生な生活習慣を避け、適度な行動と身体のケアを重視します。
    バランスのとれた食事、適度な運動、十分な休息などが心身の調和を保つための重要な要素です。

  4. 個々の性格と生活スタイル:
    中庸の考え方では、個々の性格や生活スタイルに合わせて適切な行動を取ることが重視されます。
    一般的な規則や原則に従うことも大切ですが、自己の特性や状況に合わせて適切なバランスを見つけることが求められます。

中庸の考え方は、心身の調和を求めるための普遍的な指針として、多くの人々に受け入れられています。

この考え方は、健康や幸福を追求する上での基本原則として、古代から現代まで広く尊重されています。

中庸が提唱するバランスの重要性

中庸が提唱するバランスの重要性は、人間の心身の健康と幸福に対する基本的な考え方です。

以下にその詳細を示します。

  1. 心身の調和:
    中庸では、心と身体の調和が重要視されます。
    心身の調和が取れていないと、身体的な不調や精神的なストレスが生じ、健康や幸福に影響を及ぼす可能性があります。
    バランスの取れた生活を送ることで、心と身体の調和を促進し、健康的な生活を実現することが目指されます。

  2. 感情のバランス:
    中庸では、極端な感情や情緒を抑え、穏やかで安定した心を持つことが重視されます。
    怒りや悲しみなどの過度な感情が身体や心に悪影響を与えることがあるため、感情のバランスを保つことが重要です。

  3. 行動の適度:
    中庸では、過度な行動や欲望を抑え、適度な行動を取ることが重要視されます。
    飲食や運動、仕事などの活動を適切な範囲で行うことで、身体や心のバランスを保ち、健康を維持することができます。

  4. 生活のバランス:
    中庸では、仕事と休息、社交と孤独、活動と静穏な時間など、生活のさまざまな要素のバランスが重視されます。
    これらの要素がバランスよく配分されていることで、心身の調和が促進され、健康的で充実した生活が実現されます。

中庸が提唱するバランスの重要性は、健康や幸福を追求する上での基本的な原則であり、古代から現代まで広く尊重されています。

この考え方は、人間の生活全般においてバランスを保つことの重要性を強調し、心身の調和を図るための指針として受け入れられています。

マクロビと中庸の共通点

「バランスの重視」「自然との調和」「健康と長寿の追求」は、マクロビオティックや中庸のような健康や哲学的な考え方に共通する重要なテーマです。

以下にそれぞれについて詳しく説明します。

  1. バランスの重視:
    バランスの重視は、健康や幸福を追求する上で非常に重要な概念です。
    バランスが取れていない状態は、身体や心の不調を引き起こす可能性があります。
    食事、運動、睡眠、仕事と休息など、生活のさまざまな要素がバランスよく配分されていることが重要です。
    過度な飲食やストレス、運動不足などがバランスの崩れを引き起こすことがありますが、適切なバランスを保つことで健康を維持し、心身の調和を図ることができます。

  2. 自然との調和:
    自然との調和は、マクロビオティックや中庸の考え方においても重要なテーマです。
    自然の摂理に従い、季節や地域の特性に応じて生活を調整することで、健康や幸福を追求することができます。
    自然界のリズムに合わせた食事や生活習慣を実践することで、自然との調和を促進し、心身の健康を維持することができます。

  3. 健康と長寿の追求:
    健康と長寿の追求は、多くの人々が共通して望む目標です。
    バランスの取れた食事や適切な生活習慣を実践することで、健康を維持し、長寿を追求することが可能です。
    マクロビオティックや中庸の考え方では、健康を維持するために自然と調和した生活を送ることが重視され、それが長寿をもたらす要因の一つと考えられています。

これらの考え方は、バランスの重視、自然との調和、健康と長寿の追求を通じて、心身の健康と幸福を追求するための基本的な原則として広く受け入れられています。

マクロビ食の実践方法

マクロビオティック食の実践方法は、自然の摂理に基づいたバランスの取れた食事を重視し、心身の健康を促進することを目指します。

以下に、マクロビオティック食の実践方法の基本的なポイントを示します。

  1. 穀物を中心とした食事:
    マクロビオティック食では、穀物(特に玄米)を中心とした食事を重視します。
    穀物は体に必要な栄養素を豊富に含み、消化吸収が良いため、食事のベースとして適しています。

  2. 季節の食材を活用する:
    季節ごとに適した食材を使用し、自然の摂理に従った食事を心掛けます。
    地元で栽培された旬の野菜や果物を積極的に取り入れることで、栄養バランスを整えることができます。

  3. 五行のバランスを考慮する:
    五行思想に基づいて、食材の性質や効果を考慮して食事を組み立てます。
    火属性や木属性など、五行のバランスを取りながら、バラエティ豊かな食材を組み合わせることで、健康を促進します。

  4. 加工食品や化学添加物を避ける:
    マクロビオティック食では、加工食品や人工的な化学添加物を極力避けることが推奨されます。
    身体に負担をかける可能性のある食品や調味料を避け、自然な食材を重視します。

  5. 調理法の工夫:
    調理法も重要です。
    蒸す、煮る、炒めるなど、火の入り方や時間を調整して栄養素を保持し、消化吸収をサポートする調理法を選びます。

  6. 食事の摂取量と食べ方のマナー:
    食事の摂取量や食べ方にも注意が必要です。
    食事を急いで食べることなく、よく噛んで消化吸収を助けることが大切です。※一口30回以上噛んで食べることを目標とした「噛ミング30(カミングサンマル)」
    また、適度な量を摂取することで、過食や過剰摂取を避けます。

これらのポイントを考慮しながら、自然と調和したバランスの取れた食事を心掛けることが、マクロビオティック食の実践方法です。

個々の体質や生活環境に合わせて工夫し、健康的な食生活を実現しましょう。

中庸の思想を取り入れた生活の提案

中庸の思想を取り入れた生活を提案する際には、バランスの重視、調和の追求、適度な行動、そして自己の特性や状況に応じた柔軟な対応が重要です。

以下に、中庸の思想を取り入れた生活の提案をいくつか挙げます。

  1. 心身のバランスを取る:
    感情やストレスを抑え、穏やかで安定した心を持つことが大切です。
    毎日の瞑想や深呼吸、リラックス法を取り入れることで、心のバランスを整えましょう。

  2. 適度な運動と休息:
    運動不足や過度な運動は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
    適度な運動と十分な休息を取ることで、身体のバランスを保ちましょう。
    ウォーキングやヨガなど、自分に合った運動を選びます。

  3. 食事のバランス:
    バランスの取れた食事を心掛けます。
    五穀豊穣の精神に基づき、主食や主菜、副菜をバランスよく摂取することで、栄養バランスを保ちましょう。
    また、季節の野菜や果物を積極的に取り入れることも重要です。

  4. 仕事とプライベートの調和:
    仕事とプライベートのバランスを大切にします。
    過度な仕事やストレスは健康や幸福に悪影響を与える可能性があります。
    適切な時間管理や仕事とプライベートの切り替えを行い、心身のバランスを取りましょう。

  5. 他者との関係:
    社会的な関係も大切です。他者とのコミュニケーションを大切にし、互いに理解し合い、協力し合うことで、心の豊かさと幸福感を高めることができます。

  6. 自己成長と精神修養:
    知識や技術の習得だけでなく、精神的な成長や修養も重視します。
    書籍や哲学の書を読んだり、瞑想や冥想を行うことで、内面の豊かさを育てましょう。

中庸の思想を取り入れた生活は、心身のバランスを重視し、自然と調和した生活を送ることで、健康や幸福を追求する生活です。

個々の生活環境や特性に合わせて、中庸の思想を実践し、充実した生活を築いていきましょう。

心と体のバランスを整えるためのヒント

心と体のバランスを整えるためのヒントはさまざまですが、以下にいくつかの具体的な方法を挙げてみました。

  1. 定期的な運動やストレッチ:
    適度な運動やストレッチは、心身のバランスを整えるために重要です。
    ウォーキング、ヨガ、水泳などの運動や、身体を柔軟にするストレッチを定期的に行うことで、体の緊張をほぐし、心のリフレッシュにもつながります。

  2. バランスの取れた食事:
    栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。
    五穀豊穣の精神に基づいたバランスの良い食事は、身体の健康を維持し、心の安定にもつながります。
    新鮮な野菜や果物、良質なタンパク質、健康的な脂質をバランスよく摂取しましょう。

  3. 十分な睡眠の確保:
    十分な睡眠を確保することも心身のバランスを整えるために重要です。
    睡眠不足はストレスや不安感を増加させるだけでなく、身体の免疫力を低下させることもあります。
    良質な睡眠を確保するために、規則正しい睡眠スケジュールを作り、リラックスする環境を整えましょう。

  4. ストレス管理とリラックス法:
    ストレスを適切に管理し、リラックスすることも心身のバランスを整えるために重要です。
    瞑想や深呼吸、プログレッシブ・マッスル・リラクセーションなどのリラックス法を実践することで、心の安定を取り戻し、ストレスを軽減することができます。

  5. 趣味や興味を持つ:
    趣味や興味を持つことは、心身のバランスを整える上で効果的です。
    ストレスの解消や心のリフレッシュになるだけでなく、楽しい体験を通じてポジティブな感情を促進し、心の健康をサポートします。

これらのヒントを実践することで、心と体のバランスを整え、健康で充実した生活を送ることができます。

ただし、個々の状況やニーズに合わせて適切な方法を見つけることが大切です。

プログレッシブマッスルリラクゼーション(PMR)

プログレッシブマッスルリラクゼーション(PMR)は、筋肉にゆっくりと緊張とリラックスをさせることにより、身体のストレスや不安を軽減するのに役立つテクニックです。

身体の部位ごとに筋肉を緊張させ、それを緩めることで身体の緊張を解除していきます。

通常は、手足の筋肉から始めて、背中、腹部、胸部、首、顔などの部位に順番に移りながら行います。

このエクササイズは、即座にリラクゼーションを感じるのに役立ちます。

マクロビ料理のレシピ例

マクロビオティック料理は、バランスの取れた食事を重視し、自然食品を中心に調理される料理です。

以下に、代表的なマクロビオティック料理のレシピ例をいくつか紹介します。

  1. 玄米と野菜の炊き込みご飯:
    • 材料:玄米、野菜(人参、じゃがいも、たまねぎなど)、昆布、塩
    • 作り方:玄米を研いで水に浸し、野菜と一緒に炊飯器で炊きます。昆布と塩で味付けし、ふっくらと炊き上げます。野菜の旨みが染み込んだ健康的な一品です。
  2. 豆腐と海藻のお味噌汁:
    • 材料:豆腐、わかめ、昆布、味噌、水
    • 作り方:昆布を水に浸して出汁をとり、豆腐とわかめを加えて煮ます。最後に味噌を溶かして入れ、火を止めて完成です。体を温め、栄養豊富なお味噌汁です。
  3. きんぴらごぼう:
    • 材料:ごぼう、人参、こんにゃく、しょうが、醤油、ごま油、酢、砂糖
    • 作り方:ごぼうと人参を千切りにし、こんにゃくを小さめに切ります。しょうがをみじん切りにして炒め、野菜を加えて炒めます。醤油、酢、砂糖を加えて味を調え、ごま油をかけて完成です。根菜とこんにゃくの食感が楽しい一品です。
  4. 海藻サラダ:
    • 材料:わかめ、昆布、刻んだ野菜(キュウリ、トマト、レタスなど)、酢、醤油、ごま油
    • 作り方:わかめと昆布を戻して水気を切り、野菜と一緒にボウルに入れます。酢、醤油、ごま油を混ぜ合わせてドレッシングを作り、サラダにかけて完成です。海藻の風味と野菜の爽やかさがマッチした健康的なサラダです。

これらは代表的なマクロビオティック料理の一部ですが、バリエーションは無限に広がります。

季節の野菜を使ったり、調味料や調理法を工夫することで、さらに多彩なマクロビオティック料理を楽しむことができます。

まとめ

マクロビと中庸の思想は、心身の調和を追求するための重要なアプローチを提供します。

これらの思想は、バランスと調和を尊重し、健康と幸福を追求する上での指針となります。

  1. バランスと調和の重要性:
    • マクロビオティックでは、食事や生活習慣を通じて五行思想や陰陽のバランスを重視します。
      同様に、中庸の思想では極端な行動や感情を避け、中庸の道を求めることが重要とされます。
      これらの思想は、極端な偏りや不均衡が心身の調和を乱す可能性があると認識し、バランスと調和を重視します。

  2. 食事と心身の調和:
    • マクロビオティックでは、自然食品を中心としたバランスの取れた食事が心身の調和を促進します。
      食材の性質や季節に応じて食事を選び、五行のバランスを意識した食事を摂取することが重要です。
      また、中庸の思想では食事の節制や適度な摂取を提唱し、食べ過ぎや飲み過ぎなどの極端な行為を避けることが心身の調和を保つポイントとされます。

  3. ストレス管理と精神の調和:
    • ストレスや感情のコントロールも心身の調和に重要な要素です。
      マクロビオティックや中庸の思想では、瞑想や深呼吸、リラックス法などの方法を通じてストレスを軽減し、心の安定と平静を保つことが強調されます。
      中庸の思想では、極端な感情や思考を避け、穏やかで安定した心を持つことが心身の調和を実現する鍵とされます。

マクロビオティックと中庸の思想は、バランスと調和を重視し、心身の調和を促進するための重要な指針を提供します。

これらの思想を実践することで、健康で幸福な生活を実現することができます。

薬剤師
河邊甲介

宮崎県の川南町にある峠の里からの絶景を眺めながら、漢方と薬膳を組み合わせた腸活相談が受けられる「薬局×セレクトショップ」です。

経験豊富な「薬剤師×ペットフーディスト」が対応し、体調不良、ダイエットやアトピーなどの悩みにも親身に対応します。

お店の特徴を活かし、人とわんこの心と身体の健康をサポートします。

宮崎県川南町「ほどよい堂」では、漢方×薬膳×腸活に関する様々な商品を揃えています。

気軽に一度、ご相談にお越しください!