サルベストロールとは⁉がん治療および予防効果について

近年、日本におけるがんの罹患率が増加の一途をたどっています。

これは、高齢化社会の進行や生活習慣の変化など、複数の要因が絡み合っているためです。

特に食生活の西洋化や喫煙、運動不足などが、がんリスクを高める主要因とされています。

がんは早期発見と適切な治療が重要ですが、それ以上に日常的な予防が不可欠です。

がん予防のための生活習慣の見直しや、効果的なサプリメントの利用が注目されています。

特にサルベストロールなどの天然成分が、がん予防に寄与する可能性があることが研究で示されており、健康管理の一環として取り入れる人々が増えています。

■ 年々増加する日本人のがんの罹患率 ■

ご存じの方も多いと思いますが、​​​​​日本人のがんの罹患率は年々増加しており、日本人の2人に1人はがんに罹患し、3人に1人はがんで死亡するといわれています。​

健康な人でも1日5000個のがん細胞ができては消滅しているといわれています。

通常であれば免疫細胞ががん細胞を死滅させてくれますが、生き残ったがん細胞蓄積されると腫瘍が形成されます。

がん治療におけるサルベストロールの役割

サルベストロールは、がん治療において多くの医療施設で利用されている成分です。

サルベストロールは、植物に自然に含まれる化合物であり、がん細胞に対して選択的に働くことが知られています。

この特性により、サルベストロールは従来のがん治療法(化学療法、放射線療法など)と併用して使用されることが多く、がん細胞の増殖を抑制し、患者のQOL(生活の質)を向上させることが期待されています。

がん予防におけるサルベストロールの効果

サルベストロールはがん治療だけでなく、がん予防にも効果的なサプリメントとして注目されています。

サルベストロールの抗がん作用は、予防的な観点からも有効であることが研究により示されています。

がん細胞の発生を抑制し、健康な細胞を保護する働きがあるため、日常的な健康管理の一環として取り入れることが推奨されています。

幅広い医療施設でのサルベストロールの利用

がん治療を専門としていない医療施設でも、サルベストロールは広く取り扱われています。

これは、サルベストロールの安全性と効果が評価されているためです。

一般的な健康維持や予防医療の一環として、多くの医師が患者にサルベストロールを勧めています。

これにより、がんのリスクを低減し、全体的な健康状態を向上させることが期待されています。

健康維持に必要なサルベストロールは最低でも1日300~350ポイント

サルベストロールは、がん細胞特有のCYP1B1酵素と代謝反応を起こし、その代謝物が、がん細胞のアポトーシスを誘引します。

また、CYP1B1酵素は前がん病変にも発現することがわかっているため、予防にも効果が期待できます。

サルベストロールには複数の種類があり、種類によって分量あたりの効果(選択性)が異なります。

一定の力価にするため、mgではなく「ポイント」という独自の単位を使用しています。

健康維持には1日最低300~350ポイントが必要ですが、現代の食事による摂取量は1日20ポイントにも満たないと言われており、​​​​​​食事からだけでは、なかなか摂り切れないのが現状です。

1カプセルでニンジン12,000本分のサルベストロール量 

そのため、健康維持に必要な量を摂取するためにサプリメントでの摂取を推奨しています。

日本で唯一のサルベストロールサプリメント、『Salvestrol® PLATINUM2000』は、1カプセルに2000ポイント(=ニンジン最高12000本分相当)を含有しています。

一般的な食事から十分な量を摂ることは難しいため、サプリメントで効率的に摂取することをおススメしています。

1日約200円でできるがん予防

 健康維持のため、つまりがん予防のためにサルベストロールを摂取する場合、再発防止やリスクの高い方で1日1粒、通常予防の場合は週に3~4粒で予防ができます。

Salvestrol®PLATINUM2000(1本/90粒)は希望小売価格19,440円(税込)のため、1日1粒で服用した場合、1日約200円で予防ができます!

▼▼ ​​​​​​予防の場合の飲み方と費用 ▼▼

がん食事本の決定版!科学的根拠に基づいた「抗がん食材」を使ったスープレシピ集

1000例以上のがん患者を治療した名医が指南

このスープレシピ集は、1000例以上のがん患者を治療した名医が世界中の医学研究を調べ上げてたどりついた食事術を大公開しています。

科学的根拠に基づいた「抗がん食材」を使ったレシピは、がん予防と治療効果の向上に寄与します。

スープをすすめる理由

  1. 多くの野菜を摂取可能:野菜などのかさが減るので多くの量を食べられます。
  2. 栄養素の完全摂取:栄養素を余すことなく摂ることができます。
  3. 作り置きの利便性:作り置きできるので忙しい人でも続けやすいです。
  4. 食欲不振時の適応:食欲のない人でものどを通りやすいです。

抗がん食材ベスト10と68種類のスープレシピ

本書では、がん予防に効果的な抗がん食材ベスト10を厳選し、それらを2種類以上使用したスープレシピを68種類掲載しています。

これらのレシピは、がんになるリスクを確実に減らし、たとえがんになっても長生きできる食事術を提供します。

ぜひ、毎日の食事に取り入れてください。

本書「はじめに」より抜粋

現在、日本では2人に1人ががんになる時代であり、がんは日本人の死因第1位です。

がんを防ぐことが健康長寿への最短の道であるといえます。「これを食べるとがんが消える」という食材は存在しませんが、がん予防に役立つ食べ物が少しずつ明らかになってきました。

科学的に認められた抗がん作用のある食材は、近年の研究によってその効果が証明されています。

2023年に発表された最新の研究では、がん患者がどのような食事をとったかが治療効果や生存率に影響を与えることが示されています。

何を食べるかということは、がんの予防にも、がんになった後の寿命にも深く関係しているのです。

サルベストロールは動物病院などで犬や猫にも使用されている

サルベストロールは、植物に自然に含まれる化合物で、人間のがん治療や予防に効果があることが知られていますが、その効果は動物にも及びます。

近年、動物病院では犬や猫の健康管理やがん治療の補助としてサルベストロールが使用されるケースが増えています。

ペットの寿命が延びるに伴い、がんやその他の慢性疾患に対する予防と治療のニーズが高まっています。

サルベストロールは、自然由来の成分であるため、ペットにも安心して使用できる点が飼い主や獣医師から高く評価されています。

特に、がん予防や免疫力の向上を目的としたサプリメントとしての利用が注目されており、大切な家族の一員であるペットの健康を支える一助となっています。

健康をサポートするサプリメントとして注目を集めているサルベストロール。

がん治療や予防に効果があるとされるこの成分が、ほどよい堂でもお求めいただけます。

サルベストロールは、がん細胞に選択的に働きかけ、健康維持をサポートする天然成分として知られています。

日々の健康管理やがん予防に最適なサルベストロールを、ぜひ「ほどよい堂」で手に入れて、健やかな生活をお楽しみください。

お買い求めは、サルベストロールオンラインショップでも簡単に行えますが、サルベストロールの効果を最大限に発揮させるためには服用に関して丁寧な説明が必要であるため、最初はご来店またはZOOMなどのオンライン説明を行って、その際に紹介コードをお渡しするというかたちになります。