芒種(ぼうしゅ)~夏至(げし)にかけて梅雨時期の体調管理術:3つのポイントを詳しく解説

「芒種(ぼうしゅ)~夏至(げし)」にかけての季節は、自然が活発になり、気温の変化が激しい時期です。

この時期に大切なのは、体調を整えること!

特に、春の陽気が増す中でストレスや湿気による不調が気になるところです。

この記事では、「芒種~夏至」にかけての体調管理について、具体的な3つのポイントを詳しく解説します。

日々の生活で意識すべきリラックス法や、湿気対策、そして胃腸のケア方法について深掘りしていきます。

これらのポイントを実践することで、気持ちよくこの季節を過ごし、健康を維持する手助けになるでしょう。

二十四節気とは

二十四節気(にじゅうしせっき)は、現代でも立春、春分、夏至などの言葉が用いられ、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに細分化したものです。

各季節の中には「節(せつ)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあり、古代の太陰太陽暦(旧暦)では閏月の設定にも利用されました。

年によって二十四節気の日付は1日程度前後することがあります。

以下は、二十四節気とその新暦の日付を表にまとめたものです。

この表により、一年を通じての二十四節気の名称と各節気の新暦における日付を確認することができます。

季節二十四節気名新暦の日付
立春(りっしゅん)1月節2月4日頃
雨水(うすい)1月中2月19日頃
啓蟄(けいちつ)2月節3月5日頃
春分(しゅんぶん)2月中3月21日頃
清明(せいめい)3月節4月5日頃
穀雨(こくう)3月中4月20日頃
立夏(りっか)4月節5月5日頃
小満(しょうまん)4月中5月21日頃
芒種(ぼうしゅ)5月節6月6日頃
夏至(げし)5月中6月21日頃
小暑(しょうしょ)6月節7月7日頃
大暑(たいしょ)6月中7月23日頃
立秋(りっしゅう)7月節8月8日頃
処暑(しょしょ)7月中8月23日頃
白露(はくろ)8月節9月8日頃
秋分(しゅうぶん)8月中9月23日頃
寒露(かんろ)9月節10月8日頃
霜降(そうこう)9月中10月24日頃
立冬(りっとう)10月節11月7日頃
小雪(しょうせつ)10月中11月22日頃
大雪(たいせつ)11月節12月7日頃
冬至(とうじ)11月中12月21日頃
小寒(しょうかん)12月節1月5日頃
大寒(だいかん)12月中1月21日頃

季節の変わり目における体調管理の重要性

1. 気温の変化

  • 温度差の影響
    季節の変わり目は気温が急激に変化することが多く、体温調節が難しくなります。
    寒暖差によるストレスで体が疲れやすくなり、免疫力が低下しやすくなります。
  • 衣服の調整
    寒い時期から暖かい時期、またはその逆に移行する際、適切な衣服の選択が重要です。
    薄手のジャケットや重ね着を利用して、気温の変化に柔軟に対応しましょう。

2. 湿度の変化

  • 乾燥と湿気
    季節の変わり目には湿度も変わりやすく、空気が乾燥する時期と湿度が高くなる時期があります。
    乾燥した空気は肌や喉のトラブルを引き起こしやすく、高湿度はカビやダニの増殖を促進します。
  • 適切な室内環境
    加湿器や除湿機を使用して、室内の湿度を適切に保つことが重要です。
    快適な湿度は40~60%とされています。

3. 花粉やアレルゲンの影響

  • 花粉症
    春や秋には花粉が飛散し、花粉症に悩まされる人が増えます。
    鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れるため、マスクの着用や空気清浄機の使用が推奨されます。
  • アレルゲン対策
    定期的な掃除や換気、布団やカーペットのクリーニングを行い、アレルゲンの除去に努めましょう。

4. 日照時間の変化

  • 体内時計の調整
    日照時間の変化は体内時計に影響を与えます。
    特に秋から冬にかけて日照時間が短くなると、セロトニンの分泌が減少し、気分が落ち込みやすくなります(季節性情動障害)。
  • 適度な日光浴
    日中に適度な日光を浴びることで、セロトニンの分泌を促進し、精神的な健康を維持することが重要です。

5. 食生活の調整

  • 季節の食材の活用
    季節の変わり目には、その季節に合った食材を摂取することが体調管理に役立ちます。
    例えば、春には新鮮な野菜や山菜、秋には栄養価の高い根菜類が体に良いとされています。
  • バランスの取れた食事
    ビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく摂取することが、免疫力の向上につながります。

6. 睡眠と休息

  • 十分な睡眠
    季節の変わり目は体が疲れやすいため、十分な睡眠を取ることが重要です。
    規則正しい生活リズムを保ち、睡眠の質を向上させましょう。
  • 適度な休息
    過労やストレスを避けるため、適度な休息やリラックスタイムを設けることも大切です。

7. 運動習慣の見直し

  • 適度な運動
    季節の変わり目には体を動かすことも大切です。
    軽いジョギングやウォーキング、ストレッチなどで血行を促進し、体調を整えましょう。
  • 室内での運動
    天候に左右されない室内での運動も取り入れると、天気が悪い日でも運動習慣を維持できます。

8. メンタルヘルスのケア

  • ストレス管理
    季節の変わり目は新しい環境や変化に適応するためにストレスが増えることがあります。
    リラックスする時間を持ち、趣味やリラクゼーション法を活用してストレスを軽減しましょう。
  • 社会的なサポート
    家族や友人との交流を大切にし、心の健康を保つためのサポートを受けることも重要です。

これらのポイントを意識することで、季節の変わり目における体調管理がより効果的に行えます。

体調を崩さず、健康的に季節の移り変わりを楽しみましょう。

「芒種(ぼうしゅ)」から「夏至(げし)」までの気候の特徴とその影響

気候の特徴

  1. 芒種(ぼうしゅ)
    • 時期:6月6日頃
    • 概要:芒種は、イネ科の植物である稲や粟の種をまく時期を指します。この時期は梅雨入り直前であり、湿度が高まり始める頃です。
    • 気温:初夏の気配が感じられる時期で、気温が上がり始めます。
    • 降水量:梅雨が近づくため、雨が多くなり湿度が高くなります。
  2. 夏至(げし)
    • 時期:6月21日頃
    • 概要:夏至は一年で最も昼の長さが長くなる日です。この時期は梅雨の真っ只中であり、湿度が非常に高く、蒸し暑い日が続きます。
    • 気温:本格的な夏の始まりを感じる時期で、気温がさらに上昇します。
    • 降水量:梅雨のピークにあたるため、降水量が多く、連日の雨や曇りの日が多くなります。

気候の影響

  1. 高温と高湿度
    • 健康への影響:高温と高湿度は体力を消耗しやすく、特に高齢者や子供など体力が低い人にとっては負担が大きくなります。熱中症や脱水症状のリスクが高まります。
    • 対策:こまめな水分補給や適度な休息、涼しい場所での過ごし方が重要です。エアコンや扇風機を活用して、室内の温度と湿度を適切に管理しましょう。
  2. 湿気の多さ
    • 健康への影響:湿度が高いとカビやダニの繁殖が促進され、アレルギーや喘息の原因となります。また、湿気が多いと体が重く感じられたり、むくみやすくなります。
    • 対策:室内の湿度を調整するために除湿機を使用し、換気を行いましょう。利尿作用のあるお茶を飲むことで体内の水分バランスを保つことも効果的です。
  3. 梅雨特有の気象現象
    • 気象の影響:梅雨の時期は長雨や集中豪雨が発生しやすく、洪水や土砂災害のリスクが高まります。
    • 対策:天気予報をこまめにチェックし、災害のリスクが高い地域では早めの避難や安全対策を講じましょう。外出時には傘やレインコートを持ち歩き、急な天候の変化に備えることが大切です。
  4. 農作物への影響
    • 影響:高温多湿の気候は農作物の生育に影響を与えます。特に稲作はこの時期に重要な成長過程を迎えるため、適切な管理が求められます。
    • 対策:農作物の水やりや肥料の調整を行い、病害虫の予防対策を徹底することが必要です。

心と体のケア

  1. ストレス管理
    • 影響:高温多湿の環境は心身にストレスを与えやすく、イライラや不快感が増すことがあります。
    • 対策:リラクゼーション法や適度な運動を取り入れて、ストレスを軽減しましょう。ヨガや深呼吸、軽いストレッチなどが効果的です。
  2. 睡眠の質の向上
    • 影響:高温多湿の環境は睡眠の質を低下させることがあります。特に湿度が高いと寝苦しくなり、十分な睡眠が取れないことがあります。
    • 対策:寝室の温度と湿度を適切に調整し、通気性の良い寝具を使用することで、快適な睡眠環境を作りましょう。

「芒種」から「夏至」にかけての時期は、気候の変化が激しく、体調管理が難しい時期です。適切な対策を講じて、健康を維持しながら快適に過ごしましょう。

梅雨時期の体調管理術:3つのポイントを詳しく解説

以下は、「養生ポイント」を表にまとめたものです。

養生ポイント説明
① 気持ちはゆったりエネルギーが強い時期はストレスや緊張を抱えやすい。肩の力を抜いて深呼吸し、休日はだらだらせず規則正しい生活を心がける。
② 湿気に注意雨が増え湿気が多くなるため、エアコンや漢方薬『五苓散』を活用。利尿作用のあるお茶(コーン茶、黒豆茶、ルイボスティー)を飲む。
蒸し暑い日は緑茶、ジャスミン茶、はとむぎ茶もおすすめ。
③ 胃腸をいたわるストレスと湿気で胃腸が弱りやすい。お白湯を飲む、よく噛んで食べる、旬の野菜を温かい料理で摂取する。

気持ちはゆったり

春から初夏の気候がもたらす心身への影響

気候の変化とその影響
  1. 気温の上昇
    • 心への影響:気温が上昇すると、活動的になる一方で、暑さによるストレスや疲労感が増すことがあります。新しい環境や人間関係が始まる時期でもあり、心理的な負担も大きくなります。
    • 体への影響:急激な温度変化は体温調節機能に負担をかけ、体調不良を引き起こすことがあります。特に、熱中症や脱水症状のリスクが高まります。
  2. 湿度の上昇
    • 心への影響:高湿度は不快感を増し、精神的なストレスを引き起こしやすくなります。湿度が高いと集中力が低下し、イライラ感が増すことがあります。
    • 体への影響:湿気は体の水分バランスに影響を与え、むくみやだるさを感じることがあります。湿気が多いとカビやダニの繁殖が増え、アレルギーや喘息の症状が悪化することがあります。
  3. 日照時間の増加
    • 心への影響:日照時間の増加はセロトニンの分泌を促し、気分が明るくなる一方で、急激な変化に対応するためのストレスが増すこともあります。
    • 体への影響:日光を浴びることでビタミンDの生成が促進され、骨の健康が保たれます。しかし、過度の日光浴は日焼けや熱中症のリスクを伴います。

ストレスや緊張を和らげるためのリラクゼーション法

  1. 深呼吸
    • 効果:深呼吸は自律神経を整える効果があり、副交感神経を優位にしてリラックス状態を促進します。緊張やストレスを和らげ、心拍数や血圧を安定させる効果があります。
    • 方法:背筋を伸ばして座り、ゆっくりと鼻から息を吸い込み、口からゆっくりと息を吐き出します。これを数回繰り返すことで、体と心がリラックスします。
  2. マインドフルネス瞑想
    • 効果:マインドフルネス瞑想は、現在の瞬間に意識を集中させることで、ストレスや不安を軽減し、心の安定をもたらします。
    • 方法:静かな場所で楽な姿勢で座り、呼吸に意識を集中します。雑念が浮かんできたら、それに気づき、再び呼吸に意識を戻すことを繰り返します。
  3. ヨガ
    • 効果:ヨガは呼吸法と体のポーズを組み合わせ、心身のバランスを整える効果があります。柔軟性を高め、筋肉の緊張をほぐし、リラクゼーションを促進します。
    • 方法:初心者向けのポーズから始め、深い呼吸を意識しながらゆっくりと動作を行います。毎日の短時間の練習でも効果があります。
  4. アロマセラピー
    • 効果:アロマセラピーは、精油の香りを用いてリラックス効果を得る方法です。ラベンダーやカモミールなどの香りは特にリラックス効果が高いとされています。
    • 方法:ディフューザーを使って精油を拡散させたり、精油を数滴垂らしたお湯にタオルを浸して顔に当てたりすることで、香りを楽しみます。
  5. 温かいお風呂に入る
    • 効果:温かいお風呂に入ることで血行が良くなり、筋肉の緊張がほぐれます。また、温かさが副交感神経を刺激し、リラックス効果を高めます。
    • 方法:38~40℃の温度のお風呂に15~20分ほどゆっくり浸かります。アロマオイルやバスソルトを加えるとさらにリラックス効果が高まります。

小まとめ

春から初夏にかけての気候の変化は、心身に多くの影響を及ぼします。

気温や湿度の変化、日照時間の増加に適応するため、適切な体調管理が重要です。

ストレスや緊張を和らげるためには、深呼吸やマインドフルネス瞑想、ヨガなどのリラクゼーション法を取り入れると効果的です。

これらの方法を活用して、季節の変わり目を健康的に過ごしましょう。

湿気に注意

湿度が高まる季節の体調不良のリスクとその対策

湿度が高まる季節、特に梅雨や初夏にかけては体調不良のリスクが増加します。

高湿度の環境では体内の水分代謝が滞りやすく、むくみや消化不良、関節痛、アレルギーや喘息の症状が悪化することがあります。

むくみは手足や顔が腫れることで現れ、重だるさを感じることもあります。

また、消化不良は食欲不振や腹部の膨満感、軟便や下痢を引き起こします。

関節痛やアレルギー症状も湿気によって誘発されることがあります。

これらの症状を軽減するためには、適切な室内環境の維持が重要です。

除湿機やエアコンを使って湿度を50-60%に調整し、定期的に換気を行い新鮮な空気を取り入れることが推奨されます。

さらに、利尿作用のあるお茶や漢方薬を摂取し、水分の排出を促進することも効果的です。

適度な運動や水分代謝を促進する食事の工夫も大切です。

これらの対策を積極的に取り入れることで、湿度が高まる季節における体調不良のリスクを軽減できます。

体調不良のリスク原因症状
むくみ高湿度によって体内の水分代謝が滞り、余分な水分が体内に溜まりやすくなる。手足や顔が腫れぼったくなり、重だるさを感じる。
消化不良湿度の高い環境は胃腸の働きを低下させ、消化機能が弱まる。食欲不振、腹部膨満感、軟便や下痢など。
関節痛湿気が関節に影響を与え、特に関節炎やリウマチの症状が悪化する。関節の痛みやこわばり、動きの制限。
アレルギーや喘息湿度が高いとカビやダニの繁殖が促進され、アレルギーや喘息の症状が悪化する。くしゃみ、鼻水、喘鳴、呼吸困難など。
対策項目詳細
除湿除湿機やエアコンの除湿機能を利用し、室内の湿度を50-60%に調整する。
換気定期的に窓を開けて新鮮な空気を取り入れる。
利尿作用のある飲み物の摂取利尿作用のあるお茶や漢方薬を活用し、水分の排出を促進する。
適度な運動血行を促進し水分代謝を活発にするため、有酸素運動やストレッチを取り入れる。
食事の工夫水分代謝を助ける食品(きゅうり、スイカ、トマトなど)を積極的に摂取し、消化を助けるために温かい食事を中心にする。

利尿作用のあるお茶や漢方薬の活用方法

利尿作用のあるお茶や漢方薬は、身体の余分な水分を効果的に排出し、むくみや体重増加などの問題を軽減するのに役立ちます。

これらの自然治療法は古くから利用されており、現代でも広く信頼されています。

お茶としては、コーン茶や黒豆茶が代表的であり、漢方薬としては『六君子湯』や『九味檳樃湯(くみびんろうとう)』などがあります。

これらを適切に摂取することで、水分代謝が活性化され、体内の余分な水分が排出されやすくなります。

日常的に飲用する際は、1日2〜3回、食事の合間に温かいお茶を飲むことが効果的です。

お茶の種類効果飲み方
コーン茶、南蛮毛カリウムが豊富で利尿作用があり、余分な水分の排出に役立つ。1日2~3回、食事の合間に温かく飲む。
黒豆茶抗酸化作用があり、利尿効果が期待でき、むくみの解消に効果的。1日2~3回、温かく飲むことで効果的。
ルイボスティーミネラルが豊富で利尿作用があり、デトックス効果も期待できる。1日2~3回、温かく飲むことで老廃物排出に役立つ。

これらのお茶は、蒸し暑さやほてりが気になるときに特におすすめです。

以下の表にまとめます。

お茶の種類効果と特徴
緑茶カテキンやビタミンCが豊富で、抗酸化作用があります。体を冷やす効果が期待でき、冷やして飲むことでさらに清涼感が得られます。
菊花茶芳香があり、リラックス効果があります。体の熱を冷ます効果も期待できます。
はとむぎ茶利尿作用があり、体内の余分な水分を排出する助けになります。さっぱりとした味わいで、蒸し暑さを感じているときに適しています。
適度に冷やして飲むと効果的です。

「水」の動きが鈍くなり、「むくみ」が起こるタイプの人は、昔から疲れやすく、食欲が旺盛でないことが多く、便は軟らかく、便秘をしたことがない傾向があります。舌の診察では、舌の色が白っぽく、表面に白い苔がべったりと付着しているのが特徴です。

このような症状に対して、代表的な漢方薬として『六君子湯』が効果的です。この漢方薬は胃腸の機能を高め、余分な水分を排出します。食べ過ぎや飲み過ぎによって悪化した場合には、さらに『五苓散』を併用することがあります。

全身的な「気滞」による浮腫には、『九味檳樃湯』が効果的です。この漢方薬には「大黄」が含まれ、便秘がある場合にも特に効果を発揮します。大黄は「水」の流れを促進する効果があります。

女性の月経周期に伴う浮腫は、「瘀血(オケツ)」に関連していることが多く、『当帰芍薬散』が推奨されます。この漢方薬は血液の循環を改善し、浮腫を軽減する効果が期待されます。

慢性的なむくみには、『五苓散』などの利水作用のある漢方薬を使用して体内の水分の停滞を解消し、正常な水分の流れを回復させる必要があります。初期は尿が多く排出されますが、時間が経つと尿量は調整され、体内の水分バランスが整います。

これらの漢方薬は、それぞれの症状や体質に応じて使用され、体内の水分の調整や循環改善に役立ちます。

症状・特徴漢方薬効果・特性
「水」の動きが鈍くなり、「むくみ」が起こるタイプの人六君子湯胃腸の機能を高め、余分な水分を排出する。食べ過ぎや飲み過ぎによる影響も解消。
全身的な「気滞」による浮腫九味檳樃湯「大黄」を含み、水の流れを促進。特に便秘の改善にも効果的。
女性の月経周期に伴う浮腫当帰芍薬散血液循環を改善し、瘀血による浮腫を軽減。
慢性的なむくみに対する対策五苓散利水作用で体内の水分の停滞を解消し、正常な水分のバランスを保つ。

以下は、処方名とそれぞれの類方鑑別をまとめた表です。

処方名類方鑑別
九味檳榔湯全身が重だるく、特に下肢や関節がむくんだり、痛む方に。
半夏厚朴湯ノドや胸がつかえ、吐き気やめまいなども訴える神経質な方に。
防已黄耆湯汗かきで、風邪をひきやすい、体が重だるい水太りの方に。
分消湯元気の残っている方で、腹部に膨満感や浮腫を訴える方に。
補気建中湯元気がない方で、腹部に膨満感や浮腫を訴える方に。
出典:小太郎漢方

胃腸をいたわる

新しい環境や食生活の変化が引き起こす胃腸の不調にはさまざまな要因があります。

例えば、環境の変化によるストレスや不安、新しい食材や食事の摂り方の違い、食生活の乱れなどが挙げられます。

これらの要因が組み合わさると、胃腸の調子が崩れやすくなり、消化不良や便秘、下痢などの問題が生じることがあります。

漢方では「肝鬱脾虚」や「肝胃不和」という状態として捉えられ、自律神経の乱れが胃腸の疲れを引き起こしやすくします。

以下の症状が気になる方は、以下のことを心がけてみてください。

これらの対策を実践することで、胃腸の健康を保つことができます。

以下は、提供された内容を表形式でまとめたものです。

対処方法効果やポイント
朝にお白湯を飲む胃腸を温め、内臓の代謝を促進する
食事をゆっくりと良く噛む早食いや暴飲暴食を避け、胃腸への負担を軽減する
旬の野菜を積極的に摂取する春キャベツ、えんどう豆、セロリなどが胃腸の調子を整える助けになる。温かい調理法を選ぶことでさらに効果的。

このように、消化不良や胃の痛み、軟便や下痢の症状を改善するためには、朝のお白湯の摂取や食事のゆっくりとした摂取、そして旬の野菜の積極的な摂取が有効です。

朝のお白湯や食事の工夫

  1. 朝のお白湯の摂取
    新しい環境に適応するためには、胃腸を穏やかに刺激し、体を温める効果があるお白湯が有効です。お白湯は消化器官の活性化を促進し、胃腸の機能を整える助けとなります。具体的には、毎朝、起床後に温かいお白湯を飲むことで、胃腸の働きを整えることができます。

  2. 食事の工夫
    • 春野菜の利用
      春に旬を迎える野菜は新鮮で栄養価が高く、消化吸収にも良い影響を与えます。例えば、春キャベツや春菊などの春野菜を積極的に摂取することで、食物繊維やビタミンを補給し、胃腸の健康をサポートします。
    • 繊維質の摂取
      野菜や果物、全粒穀物をバランスよく摂取することで、便通を促進し消化を助けます。例えば、朝食にオートミールやフルーツを加えることで、食物繊維を十分に摂取できます。
    • 軽めの食事
      新しい環境での過度のストレスや不安が消化器官に負担をかけることがあります。そのため、軽めの食事を心がけることが大切です。具体的には、胃腸に優しいスープや蒸し料理、煮物などを取り入れることで、消化負担を軽減できます。

これらの具体例を実践することで、新しい環境や食生活の変化に対応し、胃腸の不調を予防・改善することができます。

また、日常的な食事の工夫や生活習慣の見直しは、体調管理だけでなく、全身の健康を維持するためにも重要です。

まとめ

春から初夏にかけては新陳代謝が活発になり、ダイエットや妊活、体質改善に最適な季節です。

「今年こそは体質改善したい!」という方にとって、今から始めるチャンスです。

重要なポイントは、「コツコツと、無理なく継続すること」です。

薬剤師
河邊甲介

宮崎県の川南町にある峠の里からの絶景を眺めながら、漢方と薬膳を組み合わせた腸活相談が受けられる「薬局×セレクトショップ」です。

経験豊富な「薬剤師×ペットフーディスト」が対応し、体調不良、ダイエットやアトピーなどの悩みにも親身に対応します。

お店の特徴を活かし、人とわんこの心と身体の健康をサポートします。

宮崎県川南町「ほどよい堂」では、漢方×薬膳×腸活に関する様々な商品を揃えています。

気軽に一度、ご相談にお越しください!