γ-オリザノール・GABAを含んでいる玄米効果で美容も健康も手に入れよう!【認知症編】

γ-オリザノール

ガンマ-アミノ酪酸
(GABA、ギャバ)

玄米・米糠 発酵食品
(学術名FBRA)

"玄米・米糠 発酵食品" による
認知機能改善と脳の老化抑制の
研究がスタート

認知機能の低下には、脳内での“炎症”や“酸化”が関連

近年の医学的な研究により、脳の老化や認知機能の低下には、脳内での“炎症”や“酸化”が関連することが明らかになってきました。

玄米・胚芽・表皮(米ぬか)を麹菌で発酵させた“玄米・米糠 発酵食品(FBRA/ふぶら)”は、モデル動物を使った研究により、炎症を抑制する作用、酸化を抑える作用、多臓器での化学発がんを抑制する作用など、様々な機能があることが示されてきています。

認知症に関連している可能性があるγ-オリザノールとは

ガンマオリザノール(γ-オリザノール)はコメ胚芽や米ぬかに多いポリフェノールの一種です。

玄米に含まれるγ-オリザノールには、認知機能の維持・向上など脳の健康に役立つ可能性が注目されるようになりました。

ガンマオリザノールの効能では、生活習慣病の予防・改善効果と脳の機能を改善する効果の2つが現在注目されています。

脳の機能を改善する効果に関しては、脳内神経伝達物質のノルアドレナリン量の増加作用などにより心身症(過敏性腸症候群や更年期障害を含む)における不安や抑うつなどの改善が期待できます。

また、ガンマオリザノールには血小板凝集(血液が固まりやすくなる作用)を抑えたり、動脈硬化を軽減する作用もあることが分かってきました。

脳機能をたかめるガンマ-アミノ酪酸(GABA、ギャバ)とは

ガンマ-アミノ酪酸(GABA、ギャバ)は、抑制性の神経伝達物質として機能していることが知られています。

また、脳機能改善効果や高めの血圧を改善する作用なども認められています。

マウスの実験ではギャバのストレスによる脳細胞の破壊を防御する効果が確認されています。(※GABAストレス研究センター)

また、別の実験では玄米の継続摂取により脳内物質BDNFの産生が増強されることを確認したと発表しています。(※国立循環器病研究センター研究所分子病態部の柳本広二疾患分子研究室長の研究グループと、SBIホールディングスとの共同研究)

“玄米・米糠 発酵食品(学術名FBRA)”とは

玄米・米糠 発酵食品(学術名:FBRA)が、脳の認知機能、脳の老化抑制にどのように影響するかを調べる研究がスタートします。

この研究は、玄米の機能性研究および脳機能の研究において多数の実績のある 琉球大学大学院 医学研究科 第二内科教授 益崎裕章先生の研究グループ(研究実施者 琉球大学大学院 医学研究科 第二内科 照屋太輝先生、岡本士毅先生(研究グループリーダー))と、(株)玄米酵素との共同研究として実施されます。

認知症予防のための
食事と認知症テスト
健康な脳を保つ方法とは⁉

認知症予防は、健康な老後を送るために重要な要素です。

食事と認知症テストは、その中でも特に注目されるテーマです。

この記事では、健康な脳を保つための食事の重要性と認知症テストの役割に焦点を当てます。

食事は私たちの身体と精神に直接影響を与えますが、特に脳の健康には大きな影響を及ぼします。

適切な栄養を摂取することで、脳の機能を維持し、認知症のリスクを軽減することができます。

さらに、認知症テストは早期段階で認知症の兆候を発見し、適切な対策を講じるために重要です。

この記事では、どのような食事が健康な脳をサポートし、また、どのような種類の認知症テストが利用可能であるかについて詳しく説明します。

健康な老後を迎えるために、食事と認知症テストを活用して、脳の健康を維持する方法を探ってみましょう。

脳の健康に影響を与える食事の重要性の解説

脳の健康に影響を与える食事の重要性は、認知症予防や脳機能の維持に直結する点で非常に重要です。

以下に、脳の健康に影響を与える食事の重要性を詳しく解説します。

  1. 栄養素のバランス
    • 脳はエネルギーの消費が多い器官であり、正常な機能を維持するためには栄養素のバランスが重要です。特に、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が必要です。
  2. 抗酸化物質の摂取
    • ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどの抗酸化物質は、脳細胞を酸化ストレスから保護し、脳の老化を遅らせる効果があります。これらの栄養素は、果物、野菜、ナッツ、種子などに豊富に含まれています。
  3. オメガ-3脂肪酸の重要性
    • オメガ-3脂肪酸は、脳の細胞膜の構成成分として重要であり、記憶や学習能力の向上、認知機能の維持に関与しています。特に、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚油や植物油(亜麻仁油、えごま油)から摂取することができます。
  4. 血糖値の安定化
    • 血糖値の急激な変化は、脳の機能に悪影響を与える可能性があります。血糖値を安定させるためには、繊維質の豊富な食事や低GI(グリセミック・インデックス)食品を摂取することが重要です。
  5. 脳の炎症の抑制
    • 炎症は脳の健康に悪影響を与える可能性があります。抗炎症作用のある食品(例:オリーブオイル、青魚、ベリー類)を積極的に摂取することで、脳の炎症を抑制することができます。

以上のように、適切な栄養素の摂取やバランスの取れた食事は、脳の健康に直接影響を与える重要な要素です。

健康な脳を維持し、認知症などの神経変性疾患のリスクを軽減するためには、日々の食事に注意を払うことが不可欠です。

認知症リスクを軽減する栄養素の紹介

認知症リスクを軽減するために重要な栄養素は様々ありますが、その中でも特に注目されるのがオメガ-3脂肪酸と抗酸化物質です。

  1. オメガ-3脂肪酸
    • オメガ-3脂肪酸には、特にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が脳の健康に良い影響を与えることが知られています。
    • DHAは脳の神経細胞膜の主要な構成成分であり、脳の機能や発達に重要な役割を果たします。
    • EPAとDHAは炎症の抑制や血流の改善、抗酸化作用なども持ち、これらの効果が認知症やアルツハイマー病のリスクを軽減する可能性があります。
    • 魚油や海藻、亜麻仁油、えごま油などに多く含まれています。
  2. 抗酸化物質
    • 抗酸化物質は、体内の活性酸素やフリーラジカルといった有害な化合物に対抗する役割を果たします。
    • ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどが代表的な抗酸化物質です。
    • 脳は酸化ストレスに敏感であり、適切な量の抗酸化物質が摂取されない場合、神経細胞の損傷や炎症が起こる可能性があります。
    • 抗酸化物質は、果物(特にベリー類やシトラス類)、野菜(特に緑黄色野菜や色の濃い野菜)、ナッツ、種子などに豊富に含まれています。

これらの栄養素は、日常的な食事やサプリメントから摂取することができます。

特に、魚や植物油からのオメガ-3脂肪酸の摂取や、果物や野菜からの抗酸化物質の摂取は、脳の健康維持に役立ち、認知症リスクを軽減するのに有益です。

認知症予防に適した食事の例

認知症予防に適した食事は、健康的でバランスの取れた食事が重要です。

以下に、認知症予防に適した食事の例をいくつか挙げます。

  1. 青魚
    青魚には豊富なオメガ-3脂肪酸が含まれており、特にDHAが脳の健康に良い影響を与えます。
    サーモン、マグロ、サバなどが良い選択肢です。

  2. 緑黄色野菜
    ケール、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜には、ビタミンKや抗酸化物質が豊富に含まれています。
    これらの栄養素は脳の健康をサポートします。

  3. ベリー類
    ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーなどのベリー類には、強力な抗酸化物質が含まれています。
    これらの食品は記憶力や認知機能の向上に役立ちます。

  4. ナッツと種子
    アーモンド、くるみ、チアシード、亜麻仁などのナッツや種子には、健康的な脂質やビタミンEが含まれています。
    これらは脳の機能をサポートし、認知症リスクを軽減するのに役立ちます。

  5. オリーブオイル
    オリーブオイルには、抗酸化物質や健康的な脂質が豊富に含まれています。
    積極的に使用することで、脳の健康を促進します。

  6. 全粒穀物
    オートミール、全粒小麦パン、玄米などの全粒穀物には、ビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれています。
    これらの栄養素は、エネルギーの安定供給や脳機能の維持に役立ちます。

  7. 魚介類
    貝類やエビなどの魚介類には、たんぱく質や亜鉛、ビタミンB12が豊富に含まれています。
    これらの栄養素は、脳の機能をサポートし、認知症のリスクを軽減するのに役立ちます。

これらの食材をバランスよく摂取することで、健康な脳を維持し、認知症のリスクを軽減することができます。

認知症の早期検出の重要性の説明

認知症の早期検出は非常に重要です。

以下に、その重要性を詳しく説明します。

  1. 早期介入の可能性
    認知症が早期に発見されれば、適切な介入や治療が行われる可能性が高まります。
    早い段階で介入することで、症状の進行を遅らせることができます。

  2. 生活の質の維持
    早期に認知症が検出されれば、患者や家族が生活の質を維持するための計画を立てることができます。
    適切な支援やサービスを受けることで、生活の質を向上させることができます。

  3. 安全性の確保
    認知症の患者は、認知機能の低下により日常生活で危険な状況にさらされる可能性があります。
    早期検出によって、安全対策を講じる時間的余裕が生まれます。例えば、転倒予防の対策や認知症患者向けの居宅環境の改善などが考えられます。

  4. ストレスの軽減
    認知症の診断は患者や家族にとって非常にストレスフルなものですが、早期に検出されれば、適切なサポートや教育を受けることでストレスを軽減することができます。

  5. 治療法や治療効果の確認
    早期検出によって、治療法の選択肢が広がります。
    また、治療が行われた後の経過を定期的にモニタリングすることで、治療効果を評価することができます。

  6. コスト削減
    認知症の早期検出は、医療費や介護費用を削減することにもつながります。
    早期に介入することで、入院や施設への入所を避けることができる場合があります。

以上の理由から、認知症の早期検出は重要です。

定期的な健康チェックや認知症スクリーニングを受けることで、早期発見につながる可能性が高まります。

様々な認知症テストの紹介

様々な認知症テストがありますが、代表的なものとして「ミニ・メンタル状態検査(MMSE)」と「認知症評価尺度(MoCA)」を紹介します。

ミニ・メンタル状態検査(MMSE)

  • MMSEは、認知症の初期段階の評価や軽度の認知機能の低下の検出に用いられるテストです。
  • 記憶、注意、言語、実行機能などの認知機能を評価します。
  • 点数は30点満点で、得点が低いほど認知機能が低下している可能性が高いです。
  • 典型的な質問には、日付の尋ね方、言葉の反復、指示の実行などが含まれます。
出典:神経心理学的検査/河月稔

認知症評価尺度(MoCA)

  • MoCAは、より広範囲な認知機能を評価するために開発されたテストで、MMSEよりも感度が高いとされています。
  • 記憶、注意、言語、抽象思考、実行機能、視空間能力などの認知機能を包括的に評価します。
  • MMSEよりも複雑であるため、実施にはより時間がかかりますが、より繊細な認知機能の評価が可能です。
  • MoCAは30点満点で、得点が低いほど認知機能が低下している可能性が高いです。

これらのテストは、医師や専門家によって実施されることが一般的です。

ただし、これらのテストはあくまでスクリーニングツールであり、正確な診断を行うためには他の検査や評価が必要です。

また、認知症の症状や進行度によっては、他の特定の評価尺度やテストが適用される場合もあります。

特定の食材が脳の健康に及ぼす影響の詳細

特定の食材が脳の健康に及ぼす影響は多岐にわたります。

以下に、主要な食材とその影響を詳しく説明します。

  1. 青魚
    • 青魚には、豊富なオメガ-3脂肪酸が含まれています。特に、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳の健康に良い影響を与えます。
    • DHAは脳の神経細胞膜の構成成分であり、脳の発達や機能に重要な役割を果たします。EPAとDHAは炎症の抑制や血流の改善、抗酸化作用なども持ちます。

  2. 緑黄色野菜
    • ケール、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜には、脳の健康を促進するビタミンや抗酸化物質が豊富に含まれています。
    • 例えば、ビタミンKは、脳内の神経伝達物質の生成に関与し、認知機能をサポートします。また、抗酸化物質は脳細胞を酸化ストレスから保護し、脳の老化を遅らせる効果があります。

  3. ベリー類
    • ブルーベリー、イチゴ、ラズベリーなどのベリー類には、強力な抗酸化物質が豊富に含まれています。
    • これらの抗酸化物質は、脳細胞を酸化ストレスから保護し、記憶力や認知機能の向上に役立ちます。

  4. ナッツと種子
    • アーモンド、くるみ、チアシード、亜麻仁などのナッツや種子には、健康的な脂質やビタミンEが豊富に含まれています。
    • これらの栄養素は、脳の機能をサポートし、認知症リスクを軽減するのに役立ちます。

  5. オリーブオイル
    • オリーブオイルには、抗酸化物質や健康的な脂質が豊富に含まれています。
    • これらの栄養素は、炎症を抑制し、脳の健康を促進します。

これらの食材をバランスよく摂取することで、脳の健康をサポートし、認知症などの神経変性疾患のリスクを軽減することができます。

適切な食事と認知症テストの組み合わせの重要性

適切な食事と認知症テストの組み合わせは、認知症の予防や早期発見において重要な役割を果たします。

以下にその重要性を詳しく説明します。

  1. 予防と早期発見の相補的な役割
    • 適切な食事は脳の健康を維持し、認知症のリスクを軽減する効果があります。栄養素のバランスが整った食事は脳細胞の機能をサポートし、認知症の発症を遅らせる可能性があります。
    • 一方、定期的な認知症テストを受けることで、早期段階で認知症の兆候を検出することができます。早期発見によって、介入や治療を行うことで症状の進行を遅らせることができます。

  2. 生活習慣の改善と検査結果の解釈
    • 適切な食事を摂取することで、脳の健康を維持し認知症リスクを低減することができます。認知症テストの結果が低い場合、食事や生活習慣の改善が推奨されることがあります。
    • 逆に、認知症テストの結果が低い場合には、食事や栄養摂取に注意を払うことが重要です。適切な栄養素を摂取することで脳の機能をサポートし、認知症のリスクを軽減することができます。

  3. 総合的なアプローチの重要性
    • 適切な食事と定期的な認知症テストを組み合わせることで、総合的なアプローチが可能となります。生活習慣の改善や早期発見に焦点を当てることで、認知症の予防や管理に効果的な戦略を構築することができます。
    • 総合的なアプローチは、個々の健康状態やリスク要因を考慮し、個別に適した対策を講じることができるため、より効果的です。

以上の理由から、適切な食事と認知症テストの組み合わせは、認知症の予防や早期発見において重要な役割を果たします。

生活習慣の改善と定期的な健康チェックを組み合わせることで、健康な脳を維持し、認知症のリスクを最小限に抑えることができます。

日常生活に取り入れやすい健康習慣の提案

日常生活に取り入れやすい健康習慣は、脳の健康を維持し認知症リスクを軽減するのに役立ちます。

以下に、日常生活に取り入れやすい健康習慣の提案をいくつか挙げます。

  1. バランスの取れた食事
    オメガ-3脂肪酸や抗酸化物質が豊富な青魚、緑黄色野菜、ベリー類などを積極的に摂取しましょう。
    食事はバランスよく摂ることが重要です。

  2. 適度な運動
    適度な運動は脳の健康を促進し、認知症のリスクを軽減するのに役立ちます。
    散歩、ウォーキング、水泳、ストレッチなど、日常生活に取り入れやすい運動を継続しましょう。

  3. 脳トレーニング
    認知機能を刺激する脳トレーニングも重要です。
    クロスワードパズル、数独、パズルゲームなどを定期的に行うことで、脳の活性化や認知機能の維持に役立ちます。

  4. ストレス管理
    ストレスは脳の健康に悪影響を与えることがあります。
    ストレスを軽減するためには、リラックス法や深呼吸、瞑想などのストレス管理技術を取り入れることが重要です。

  5. 十分な睡眠
    十分な睡眠は脳の機能をサポートし、認知症リスクを軽減するのに重要です。
    良質な睡眠を確保するためには、規則正しい睡眠習慣を身につけることが大切です。

  6. 社会的交流
    社会的交流は脳の健康を促進し、認知症のリスクを軽減するのに役立ちます。
    家族や友人との交流を大切にし、コミュニケーションを活発に取りましょう。

これらの健康習慣は、日常生活に取り入れやすく、健康な脳を維持するのに役立ちます。

定期的な健康チェックや認知症テストと組み合わせて、脳の健康管理を行うことが重要です。

認知症予防の重要性と健康な脳を保つための戦略のまとめ

認知症予防の重要性と健康な脳を保つための戦略をまとめると、以下のようになります。

  1. 認知症予防の重要性
    • 認知症は高齢者に多く見られる疾患であり、認知機能の低下や日常生活の制約を引き起こす可能性があります。
    • 認知症は現在治療法が限られており、予防が重要です。早期の介入や適切な生活習慣の改善によって、認知症のリスクを軽減することができます。

  2. 健康な脳を保つための戦略
    • バランスの取れた食事:オメガ-3脂肪酸や抗酸化物質を含む食品を摂取し、総合的な栄養バランスを保ちます。
    • 適度な運動:適度な運動は脳の血流を促進し、認知機能を維持するのに役立ちます。
    • 脳トレーニング:クロスワードパズルやパズルゲームなどの認知トレーニングを行うことで、脳の活性化を図ります。
    • ストレス管理:ストレスは脳に悪影響を与える可能性があるため、リラックス法や深呼吸などのストレス管理技術を取り入れます。
    • 十分な睡眠:良質な睡眠は脳の健康をサポートし、認知症リスクを軽減します。
    • 社会的交流:社会的交流は脳の健康を促進し、認知症のリスクを軽減するのに役立ちます。

これらの戦略は、個々の生活状況やリスク要因に応じて適切に組み合わせることが重要です。

また、定期的な健康チェックや認知症テストを受けることで、早期に異常を発見し適切な対策を講じることができます。

健康な脳を維持するためには、生活全般にわたる総合的なアプローチが重要です。

参考文献

・認知機能低下の鑑別における日本語版 Montoreal Cognitive Assessment(MoCA-J)の特性:医学検査 Vol.69 No.4 (2020)  pp. 527–533 DOI: 10.14932/jamt.20-8
・神経心理学的検査/河月稔:医学検査 Vol.66 No.J-STAGE-2 認知症予防のための検査特集 2017
・一般社団法人 日本老年医学会HP
薬剤師
河邊甲介

宮崎県の川南町にある峠の里からの絶景を眺めながら、漢方と薬膳を組み合わせた腸活相談が受けられる「薬局×セレクトショップ」です。

経験豊富な「薬剤師×ペットフーディスト」が対応し、体調不良、ダイエットやアトピーなどの悩みにも親身に対応します。

お店の特徴を活かし、人とわんこの心と身体の健康をサポートします。

宮崎県川南町「ほどよい堂」では、漢方×薬膳×腸活に関する様々な商品を揃えています。

気軽に一度、ご相談にお越しください!